※2017度未使用 プラスワンリビングハウス

内部パーツ_21

1.家のデザインに徹底的にこだわる。

個性的で美しいデザインの家は高名な建築家に高い設計料を用意して頼まなければ実現できないのか。まずはその常識を覆しました。外観はモダンなイメージのスクエアなカタチです。職人の手作業による「塗り壁」を採用し高級感のある印象に仕上げました。また内装は小上がりやスキップフロアなど空間を立体的にデザイン。リビングの壁にはラグジュアリーな石張りを取り入れたり、上質なTVボードも設けるなど、一体感のあるデザインを施しています。
デザインという概念が暮らしの本質を大きく変えるはずだと考えています。

詳しくはこちらから

 2.基本的な家の性能はすべて、「あたりまえ」に採用する。

私たちは日本の住環境を一変させるために、人生を楽しめる場所や空間をデザインし、しかも誰もが手の届く価格の家を実現するために大幅なコストダウンを図りました。しかし毎日安心して暮らしていただくために、家の性能面でも現在考えられうるかぎりの最高ランクのクオリティを持たせています。「快適性」、「省エネ」、「耐震性」、「安全性」、「収納性」・・・すべてに妥協していません。最新の家の性能をすべて「あたりまえ」に採用しましたので、どうぞご安心ください。

詳しくはこちらから

3.家の設備はハイグレードであること。

私たちは主要な住宅設備をプロの目でこだわりぬいて、最高の機能美を備えた製品を、しかも標準装備で採用しています。

詳しくはこちらから

4.家に屋根は必要なのか?私たちは屋上をつくる。

日本の限られた土地でも、欧米のように大勢の人を招いてパーティーができるガーデンスペースと地下には必ずあるプレイルームを設けたい。そこで私たちが考えたのは、屋上を標準装備にしてその機能を屋上に持たせるということでした。今年のテーマは「アミューズメント」です。お好みに合わせて5つのタイプからお選びください。

詳しくはこちらから

5.驚きの製品は、驚きの価格であるべきだ。しかも家一軒の価格を明確にする。

従来、家の値段というものは事前に設定されておらず、土地に合わせて、家族構成やライフスタイルを考慮して、様々なご要望を伺いながら設計図を何度も作成し、金額をはじき出していました。しかし家づくりは想像以上に多くの検討事項があり、最終的に各項目を積算すると、結局、お客様のご予算にあった家しか建てられないというのが現実でした。そこで私たちは、まず、理想の家をイメージし、そのプランを実現するために欠かせない仕様や設備をあらかじめ標準装備で取り入れて、家一軒の価格を明確に設定しました。

詳しくはこちらから

PAGE TOP